『BeautyWhite』セルフホワイトニングで口臭ケアも?

ホワイトニング

Beauty White(ビューティーホワイト)は、医療機関が開発・推奨するセルフホワイトニングで、”歯を白くする”だけでなく、口臭ケアにも効果があるようです。

Beauty White(ビューティーホワイト)は、全国の歯科クリニックで実際に使用され、ホワイトニング効果と安全性が実証されています。
これまで、歯科クリニックだけで販売し、「セルフホワイトニング」として使われてきましたが、オンラインでも購入できるようになりました。

歯が白いと清潔感があるだけでなく、顔の印象も明るくなるので、クリニックでホワイトニングの施術をおこなう方が増えてきました。

さらに、口臭ケアもできれば、一石二鳥!

Beauty White は口臭にもケア!白くなるだけじゃない!

日本人の歯はもともと若干黄色味がかっているので、どんなに丁寧に磨いても白くはなりませんし、ホワイトニングも永久的ではありません。

歯科クリニックでおこなうホワイトニングは「オフィスホワイトニング」と呼ばれ、数回の施術で歯を白くすることができますが、色戻りしやすいので定期的におこなう必要があります。

一方、Beauty White(ビューティーホワイト)は、自宅でおこなう「セルフホワイトニング」になります。

歯が白くなるだけでなく、施術の痛みがなく長持ちするというメリットもあるようです。

さらに注目したいのは、Beauty White(ビューティーホワイト)が、”口臭ケア”にも効果があるということですね。

BeautyWhite・キャンペーン

Beauty White 公式サイト

Beauty White でなぜ口臭ケア?


Beauty White(ビューティーホワイト)でのホワイトニングは、KOBEホワイトニング株式会社が独自に開発したSCTC(Self Chemical Tooth Cleaning)システムです。

このSCTCによるホワイトニングでは、今までは取れなかった歯の汚れやステインを効果的に除去できるそうです。

SCTC(Self Chemical Tooth Cleaning)では、ビューティーホワイト溶液を歯面に塗布し、マシーンの光を当てることによる化学反応によって、汚れが分解して浮き上がります。

Beauty White(ビューティーホワイト)のSCTCシステムでは、虫歯菌や歯周病菌、さらに口腔内の雑菌をやっつけてくれるので、結果的に口臭予防にも最適というわけです。

Beauty White 公式サイト

Beauty White の使い方

BeautyWhite

Beauty White(ビューティーホワイト)は、つぎのような手順で使用します。

BeautyWhite

歯磨きをします。
ー準備のために普段通りに歯磨きして、ワセリンを塗って唇が切れないようにします。

BeautyWhite

溶液を塗ります。
ー上図のように開口器を装着して、歯の水分を取り除いてから、薬剤溶液を歯に塗ります。

BeautyWhite

LEDを照射します。
ー5分間LEDを歯に照射します。さらにもう1回溶液を塗って、LEDを照射するとより効果的です。

BeautyWhite

仕上げの歯磨きをします。
ーホワイトニング専用の歯磨き粉を使って、仕上げの歯磨きをします。

Beauty White(ビューティーホワイト)のセルフホワイトニングにかかる時間は、30分ぐらいです。歯科クリニックでの施術も30分ほどですが、待ち時間や移動時間を含めるとかなりの時間が必要です。

Beauty White 「市販のホワイトニング」との違いは?

Beauty White(ビューティーホワイト)と「市販のホワイトニング」などとの比較が公式サイトにあります。

Beauty White の溶剤は、約2倍のホワイトニング効果があるようですが、歯の色が自然なことがわかります。

BeautyWhite

あまりにも白すぎると、とても不自然な感じになりますね。

Beauty White「オフィスホワイトニング」との違いは?

Beauty White(ビューティーホワイト)と歯科クリニックでのホワイトニングの違いについて、公式サイトから主なポイントを紹介します。

項目 歯科クリニック Beauty White
溶剤の主成分 過酸化水素 酸化チタン
光源 過酸化水素 青色LEDなので強い熱を発しない
施術による痛み 過酸化水素による刺激で痛みが発生することがある 痛みが無い
作用 歯の表面のエナメル構造を変質させる 黄ばみを浮き上がらせて除去する

抗菌・殺菌・消臭効果が期待できる

適応条件 レントゲン検査等が必要で、歯質や詰め物の有無等によっては施術できない場合もある 歯質や詰め物の有無、過敏症等に関わらず施術できる

歯科クリニックでのホワイトニングでは、溶剤として過酸化水素が使われますが、刺激が強いのが特徴です。

セルフホワイトニングよりかなり白い歯にすることも可能ですが、歯への負担も大きくなります。

また、虫歯や歯周病があったり、治療による詰め物があると、知覚過敏になりやすいとも言われています。ホワイトニングをおこなったあと、歯が沁みやすくなったといのはこのためです。

Beauty White(ビューティーホワイト)の溶剤は「酸化チタン」なので、虫歯の治療や歯周病があっても、刺激を感じないでセルフホワイトニングをすることができるのが、大きなメリットと言えるでしょう。

日本人の歯周病率は、20歳代で約7割、30~50歳代は約8割、60歳代では約9割にも及ぶとのレポートもあります。

Beauty White の費用は?

気になるのが、Beauty White(ビューティーホワイト)の費用です。

歯科クリニックでのホワイトニングは、1回の施術が数万円かかり、クリニックによっても金額にかなりの差があります。

1回では終わらないので、予約をとるのも面倒ですが、施術による痛みが出た場合、痛みが治まるまで数ヶ月かかることもあるようです。

さらに、継続的に施術を受ける必要がありますから、費用的にもかなりの負担になります。

Beauty White(ビューティーホワイト)も、継続的に使用する必要がありますが、「セルフホワイトニング」で自宅で気軽にケアすることができるので、精神的にも費用的にも負担が少ないのが特徴です。

Beauty White(ビューティーホワイト)公式サイトによれば、歯科クリニックの料金比較はつぎのようになっています。

<1回当たりの料金>

歯科クリニック Beauty White
10,000円~100,000円 745円

Beauty White 歯に汚れがつきにくい

Beauty White(ビューティーホワイト)によるホワイトニングでは、一般的に汚れが付きにくくなるようです。

歯科クリニックの施術では、一般的に汚れが付きやすくなると言われますから、この点でも、Beauty White(ビューティーホワイト)は口臭ケアにメリットがあると言えるでしょう。

Beauty White 公式サイト

Beauty White 食事制限が要らない!

Beauty White(ビューティーホワイト)では、食事制限をする必要がありません。

一方、歯科クリニックでのホワイトニングでは、歯の表面のペルクルという薄い膜が剥がれた状態になっているので、飲食物には注意が必要です。

施術後、紅茶やコーヒーなどの色の濃い飲み物や食べ物を摂ると、歯に色が付いてしまうので、最低24時間ていどは食事に注意が必要です。

また、柑橘系や炭酸飲料など酸性の強い飲食物は、歯の表面を荒らしてしまいます。

Beauty White(ビューティーホワイト)によるホワイトニングでは、このような制限が不要なので、ふだん通りに食事をすることができます。

Beauty White 便利なハンディタイプ

Beauty White(ビューティーホワイト)には、自宅で使える便利なハンディタイプがあります。

BeautyWhite

商品名:KOBEホワイトニング ビューティーホワイト ハンディシャインプロ
定 価:80,000円(税込)

<仕様>
波長400nm以上(青)(赤)
LED数10個
電圧110?220V 50/60Hz
電力30W
重量0.5kg
外箱寸法高さ300mm 奥行100mm 幅100mm

<セット内容>
照射器本体・電源コード・取扱説明書・シェードガイド
開口器・照射口カバー・保護メガネ・溶液・保証書
薬剤3ヶ月分12個付

<保証期間>
1年

Beauty White 公式サイト

「ビューティーホワイト ハンディシャインプロ」お得なキャンペーン!

Beauty White(ビューティーホワイト)でのホワイトニングは、自宅で安心・安全にケアできるだけでなく、低コストで口臭にもケアできるのが魅力です。

「ビューティーホワイト ハンディシャインプロ」は、お得なキャンペーン中!

定価 80,000円(税込)ですが、公式サイトのキャンペーンなら、
51%OFF!39,000円(税込)で購入することができます。

BeautyWhite・キャンペーン

口臭サプリと併せて、セルフホワイトニングを始めることで、新しい自分が見つかるはずです。

Beauty White 公式サイト

コメント