ロイテリ菌の効果・おすすめサプリの違いは?

ロイテリサプリ比較 ロイテリ菌

口の中には、腸内と同じように善玉菌や悪玉菌、さらに日和見菌がいて、口内フローラをつくっていることが知られています。

口臭の原因の一ついわれる歯周病の病原菌には、アクチノバチルス・アクチノマイセテムコミタンス(A.A菌)、スピロヘータなどさまざまな菌がいますが、なかでも悪質なのがP.g菌(ポロフィロモナス・ジンジバリス)と言われます。

悪玉菌であるPg菌は、歯ぐきの腫れや出血の原因になるだけでなく、歯ぐきの血管から全身に送られ、心臓病や脳梗塞、糖尿病などを引き起こすだけでなく、アルツハイマー型認知症の原因にもなるようです。

虫歯菌や歯周病菌などの悪玉菌を抑え、善玉菌を優位にすることで、口内フローラを整えることが、結果的に体の健康にもつながるわけです。

ロイテリ菌は、口内のフローラバランスへのはたらきが注目されていますが、単に善玉菌をおぎなうということではないようです。

ロイテリ菌は、ヒト由来の善玉菌で、1990年代初めにアンデスで暮らす女性の母乳から発見されました。しかし、ライフスタイルの変化から少しづつ失われ、現在の日本人では7人に1人しか保有してないと言われます。
※ロイテリ公式サイトより引用

ロイテリ菌の悪玉菌へのはたらき

ロイテリ菌はスーパー乳酸菌と呼ばれ、ノーベル医学賞・生理学賞の本部にもなっているスウェーデンのカロリンスカ医科大学では、その機能に着目し、30年以上も研究がつづけられてきたようです。

ロイテリ菌は、つぎのように働いて、口内フローラのバランスを改善します。

  • ロイテリ菌が悪玉菌を感知してロイテリンを生成する
  • ロイテリンが悪玉菌を抑えて口内のフローラバランスを整える

ロイテリ菌がすぐれているのは、善玉菌をやっつけないこと。悪玉菌だけを抑えて、善玉菌と共存できるとのこと。それって、善玉菌じゃない?

歯周病はなぜアルツハイマー型認知症の原因に?
歯周病は、口臭だけでなくアルツハイマー型認知症の原因にもなると言われています。 怖いのは、歯周病が原因のアルツハイマー型認知症は、若い方でも症状が出る可能性があるとのこと。歯周病がなぜアルツハイマー型認知症の原因になるメカニズムを理解...

ロイテリ菌・3種類のおすすめサプリ

ロイテリ菌配合のサプリメントは、さまざまなメーカーから発売されています。

「楽天市場」「Amazon」など大手通販サイトでは、安価なサプリが人気ですが、体に摂り入れるものですから、ロイテリ菌の由来がはっきりしている安全で安心なものを選びたいものです。

ここでは、ロイテリ菌の由来がはっきりしている【機能性表示食品】から、価格が安くて人気のサプリまで3種類のロイテリ菌サプリを紹介します。

オハヨー『ロイテリ お口のサプリメント』

オハヨー・ロイテリ

オハヨー『ロイテリ お口のサプリメント』
【機能性表示食品】
通常価格:3,240円(税込)
30粒入り(約30日分)

  • 歯ぐきを丈夫で健康に保つ機能性表示食品
  • ロイテリ菌が生きたまま2億個!
  • ロイテリ菌はスウェーデン BioGaia社の正規品(L.reuteri DSM 17938株)を使用
  • ナチュラルミント味
  • 水無しで飲める

ロイテリ 公式サイト

ロイテリ菌配合のサプリメントは、さまざまなメーカーから発売されていますが、【機能性表示食品】として認められているのは、オハヨー『ロイテリ お口のサプリメント』だけでしょうか。

オハヨー『ロイテリ お口のサプリメント』には、スウェーデン・BioGaia社にライセンスされたロイテリ菌(L.reuteri DSM 17938株)が配合されています。

ロイテリ菌配合サプリとしては価格は高めですが、乳酸菌飲料メーカーとして知られるオハヨーグループのサプリとして、由来が確かな菌を使用しているので安心感があります。

ロイテリの公式サイトには、最低継続回数の縛りがない50%OFF!でお得に始められる定期便があります。



Baio Gaia(バイオガイア)『プロデンテイス』

バイオガイア

Baio Gaia(バイオガイア)『プロデンテイス』
参考価格:3,000円前後~(税込)
30粒入り(約30日分)

  • ロイテリ菌(L.reuteri DSM 17938株・,ATCCPTA5289株)配合
  • スペインで製造
  • 強めのミント味

Baio Gaia(バイオガイア)プロデンテイスは、スペインで製造されており、機能性表示はありませんが、ロイテリ菌はL.reuteri DSM 17938株と,ATCCPTA5289株の2種類がしっかり配合されています。

プロデンテイスのミント味はちょっと強すぎかも。外国製造の特徴かもしれません。

歯科医院ですすめられた方や、口内の健康を考えて1年以上続けている方も。あくまで個人の感想ですが、評価が高いのは、やはりBaio Gaia(バイオガイア)社にライセンスされたロイテリ菌のはたらきと考えられます。

協和食研『REUTABU ロイタブ』

協和食研・ロイタブ

協和食研『REUTABU ロイタブ』参考価格:1,180円(税込)
30粒入り(約30日分)

  • 大手通販・口臭予防ランキング1位
  • ロイテリ菌株の種類は不明ですが国内製造
  • やさしいミント味

協和食研『REUTABU ロイタブ』は、ロイテリ菌配合のサプリとしてては、最安値と思われます。

価格的には続けやすいですが、原材料名にロイテリ菌の記載が無く、「乳酸菌凍結乾燥末」とだけ表記されており、もちろん菌株の種類は確認できませんでした。

製造しているのは、国内のGMP認定工場ですから、品質の心配はありませんが、Baio Gaia(バイオガイア)社にライセンスされたロイテリ菌ではないようです。

やさしいミント味で、リーズナブルな価格が人気になっています。

まとめ

ロイテリ菌には、口内フローラの悪玉菌を抑えるはたらきがあることから、近年注目されているスーパー乳酸菌です。

ロイテリ菌にもさまざまな種類がありますが、L.reuteri DSM 17938株は、スウェーデンのBaio Gaia(バイオガイア)社によってライセンスされています。

このロイテリ菌(L.reuteri DSM 17938株)を配合して、【機能性表示食品】として認定されているのは、オハヨー『ロイテリ お口のサプリメント』だけのようです。

価格は高めですが、よく知られた乳製品メーカー・オハヨーブランドの安心感と、L.reuteri DSM 17938株の歯ぐきを丈夫で健康に保つ機能に期待いしたいですね。

公式サイトには、初回50%OFFのお得な定期便があり回数縛りがありませんから、安心して申し込みできます。





コメント