口臭の原因は喉の奥にも!「舌苔」と「膿栓」って何?

ニオイの原因

スメルハラスメントは、本人が気づきにくいのが大きな特徴。自分でも気になるようなら、かなり重症?

特に気になるのが、口臭。

食後、歯磨きをきちんとしていても、時間が経つといやなニオイが口から漏れてきます。

いま、マスクを長時間つけることが多いので、マスクに付いた自分の口臭を嗅がされることも増えたのでは?

口臭といえば、歯に溜まった歯垢や食べかす、そして歯周病が頭に浮かびますが、ケアしにくい場所にも口臭の原因が。

それが、「舌」「喉の奥」

「舌苔」舌の色が白い人は要注意!

「舌」の表面のぷつぷつしたところが、白くなっているのを見たことがある方も多いはず。

舌苔、ですね。

健康な状態の舌はピンク色ですが、白色や黄褐色、ときには黒色になったものも。

原因は、食事のときにあまり舌を動かさない、あるいはよく噛まないことで、口のなかの粘膜の新陳代謝が悪くなるから。

他にも、唾液の分泌量が減ったり、口呼吸による口腔内の乾燥、糖尿病や十二指腸潰瘍などの全身疾患の症状としてもでるようです。

さらに怖い情報としては、「口腔ガン」との関係も指摘されていますから、舌苔の放置は要注意!

食事や会話などで、口をよく動かして、舌苔ができにくい口内環境をつくってあげることが大事です。

「膿栓」喉の奥のニオイのもと

膿栓は、口の奥にある扁桃のボコボコしたところにできたまる白い物質のことで、「におい玉」とも呼ばれます。

大きさは数ミリ程度ですが、つぶすとひどい臭いを発するので、気にする方もいますが、つぶさなければニオイはありません。

この膿栓は、扁桃の免疫機能がウィルスや細菌などと闘った結果できたもの、傷口の炎症などによって膿がたまることがありますが、それと同じ。また、食べ物のカスがたまることもあります。

膿栓をつぶすと、朝起きたときのイヤな口臭と同じようなニオイがしますが、原因としては口腔内の乾燥、唾液の分泌量が少ないことが要因とも言われます。

膿栓のケアは、唾液の分泌を良くして、口腔内の乾燥を防ぐのがポイント!

食事のときに口をしっかり動かして、唾液の分泌量を増やすのが一番。唾液の殺菌力が、口臭ケアには欠かせないということになります。

「舌苔」と「膿栓」無理にとろうとすると・・・

ルブレンナイト・喉奥のケア

「舌苔」を、歯ブラシなどでゴシゴシ引っ掻いて取ろうとする人もいますが、危険。

私も、”舌ブラシ”を使ってゴシゴシやって失敗した一人。だいぶ長いこと、ヒリヒリ感が残りました。

舌ブラシの使い方は、舌の表面を2~3回やさしくなでるように滑らせるのがコツ。歯医者さんから注意されました。

「膿栓」は、扁桃腺があればだれでもできる可能性があるので、極論をいえば扁桃腺を手術で切除するのが一番ということになりますが・・・。

昔は、体質的に扁桃腺がよく腫れたりすると、手術で切除することがありましたが、現在は推奨されていません。「盲腸」も「扁桃腺」も、切除しないほうがいいということになっているようです。

口を大きく開ければ、喉の奥の扁桃のところに白く見えるので、綿棒などを使って取り除く方もいますが、これも要注意!

粘膜を傷つけたりすると、かえって膿栓ができる原因に。また、より大きな膿栓ができやすくなるリスクもあるようです。

「舌苔」と「膿栓」を予防するには

「舌苔」と「膿栓」を予防するには、口の中を渇きにくくするための生活習慣と正しい口腔ケアが欠かせません。

  • よく噛んでたべる
  • 口呼吸をしない
  • ストレスを溜めない
  • うがいをする
  • 1日1回舌ブラシで掃除する
  • 唾液腺をマッサージして刺激する

一番の対処法は、唾液の分泌量を増やすこと。

睡眠中の”口呼吸”と”ストレスを溜めない”については、難しいかもしれませんが、他の項目は意識すればできることばかり。

いきなり改善しようとして、つい舌ブラシでゴシゴシやってしまわないように注意しましょう。

厚生労働省のHPでも、舌ブラシによる舌清掃は ”起床時の1回で結構” としています。傷付けるのが、一番怖い!

唾液分泌に効果的なマッサージ

唾液腺のマッサージは、唾液の分泌をうながすのに効果的です。

下あご付近には、3か所の唾液腺「耳下腺」「顎下腺」「舌下線」があって、これをマッサージで刺激することで唾液の分泌がうながされます。

厚生労働省のHPには、マッサージ法がこまかく解説されていますので、参考にしてください。

要介護高齢者の口腔ケア | e-ヘルスネット(厚生労働省)

要介護高齢者向けのタイトルになっていますが、年齢に関係なく効果アリ!

マウスウォッシュの活用

マウスウォッシュは、口臭ケアのエチケット用品として欠かすことができなくなりました。

なかには、「舌苔」や「膿栓」へのケア専門に開発されたスプレータイプのマウスウォッシュもあります。

『ルブレン』”のど奥”の臭いにケア!格安の通販情報

朝・昼・夜、1日3回のケアで、口内環境はかなり快適になるはず。

口臭の原因はさまざまありますから、一つだけを改善すればよいというものではありません。

マウスウォッシュを使っているけど口臭がなくならない、という話をよく耳にします。そのような人は、他にも歯周病があったり、正しく歯を磨いていないことも。

口臭ケアのコツは、地味ですが、あせらずに良い習慣をしっかり継続することだと思います。

途中で止めちゃう人、多いんですよね。

いいの製薬『ルブレンナイト』は、【指定医薬部外品】ですが、もともとは「医薬品」でした。【指定医薬部外品】として喉の奥からでてくる口臭にケアしてくれるのが特徴です。

夜寝る前に使えば、朝起きたときにスッキリ!

朝の口臭が気になる方に、ぜひ一度試していただきたい口臭除去アイテムです。

ルブレンナイト 公式サイト

コメント